北九州FCスタッフブログ 北九州FCの活動記録! 北九州で撮影中の映画やドラマの撮影情報が見られるかも?北九州FCスタッフブログ

相棒-劇場版IV- 北九州フィルム・コミッション「相棒 -劇場版IV-」特集サイト 相棒-劇場版IV- 北九州フィルムコミッション特別映像をご覧になれます!! 相棒-劇場版IV- スペシャル映像 第2弾 絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD- 2017.1.6(金)よりテレビ東京ほかにてスタート 特設ページはコチラ!

2008 年 12 月 31 日

今年を振り返って( 山口)

カテゴリー: 未分類 — @ 6:08 PM

みなさん、FC一年目の山口です。昨日まで実家に帰省していました。本日大晦日ということで、みなさん今年あったことなど振り返っていらっしゃるのではないでしょうか?私も人事異動で4月末にFCにきてはや8ヶ月が過ぎました。思い出すのはやっぱり「おっぱいバレー」です。BOSS日々谷より「お前が担当だ!」との指令を受け、ゴールデンウィーク明けには東京に行き、映画制作社トップとも言われるROBOTで打ち合わせ。羽住監督やその他、名だたるプロデューサーの方などにお会いしたり、今までの生活では考えられないことの連続で「本当に自分がここにいて大丈夫なのか」など自問することが多々ありました。7月からは、約1ヶ月半の長期ロケに入り、職場にはほとんど行かず、早朝から現場、日によっては終了が深夜になり、体力的にもピークになったりもしました。また猛暑で人種が変わったのかのように真っ黒になりました。そんなロケで苦しいときに支えになったのは、一緒に戦った「仲間」です。制作担当の古屋さん、いくじなしの福澤さん、
エキストラ担当ギリスなど、自分と今まで業界は違えども同世代のみんなに支えられ、撮影が終わって飲みに行くと腹の底から笑ってしまうようなことばかりでした。ロケは苦しかったことも多かったにもかかわらず、楽しい日々ばかり思い出すのが不思議でしょうがありません。今まで働いてきてこのような感覚になったのは初めてです。現在、映画「風が強く吹いている」の担当をしていますが、この映画の北九州ロケを実現できたのもまさに「おっぱいバレー」への道で紹介していること同様、BOSS日々谷の「No guts, No glory, Go for it!!」の教えやいつも縁の下の力持ち的に支えてくれる清野さんのサポートがあったためであり、自分にとってもとても勉強になりました。エキストラで参加していただいた方々の楽しそうな笑顔を見て達成感と責任感両方感じていますが、さらに精進し、みなさんに楽しんでいただけるよう頑張ります。来年もみんなで映画で盛り上がって、不況もぶっ飛ばしてしまいましょう。みなさんにとっても来年も素晴らしい良い年になることを願
いまして、年末の挨拶にかえさせていただきます。今年も北九州FCを応援していただき、誠にありがとうございました。(山口)


2008 年 12 月 30 日

「K-20」フィギュア!

カテゴリー: 『K-20 怪人二十面相・伝』 — takaya @ 5:57 PM

『K-20』絶賛公開中です。先週末の興行成績(動員数)でも3位にランクインしていました。

ところで、写真は『K-20』の作品をイメージした、ブロック型フィギュアです。
左はテディ・ベアのブロック型フィギュアの『K-20』バージョン、右は、そのまま『K-20』です。

キュートだったので、ブログで紹介です。(すいませんが、プレゼントではありません。)
興味のある方は、http://www.k-20.jp/『K-20』公式ホームページまで。
それから、先日ご紹介した『おい街』も是非あわせてご覧ください。
『K-20』試写会の様子や、ロボット竹内勝一プロデューサーのインタビューなど、『K-20』をもっと知りたい方はどうぞ(せいの)

 

2008 年 12 月 29 日

『おっぱいバレー』への道~KFC秘話~第五話

久しぶりに『おっぱいバレー』への道です。「なに、それ?」というかた。無理もありませんFCブログの大型連載ですがしばらく中断していました。以下バックナンバーを読んでみてください。
『おっぱいバレー』への道~KFC秘話~ 絶賛連載中!
第一話
第二話
第三話
第四話

『おっぱいバレー』公式HP←特報映像は必見です!

さて今回は『おっぱいバレー』のロケ地にまつわるお話をしたいと思います。
今日は、駅前を一日封鎖してロケを行なった「筑豊電鉄萩原電停前」について振り返ってみます。

<萩原電停前を封鎖せよ>
『道路封鎖』
撮影に関わるものなら一度は、あこがれるこの響。
「マラソン」「駅伝」「自転車レース」「お祭り」
そのイベントだけのために、普段、車が往来する道路を占有してしまう、この行為。

我々KFCはこの作品の時代設定から、メインとなる「駅のある街」の設定を「萩原」に定めていた。
萩原はそのまんま昭和50年代の街だ。
味のある駅舎に、キュートな筑豊電鉄の車両、遮断機のない踏切、そこに5方向からの道が交差、
そして、公園と昔ながらの商店街。
完璧だ!

「ナイスおっぱい!」羽住監督は興奮気味に叫んだ!まさに即決!

羽住監督が街を隅々まで歩き回り演出を考えている。

監督「あそこのビルを映画館にして、街中にレトロカーを走り回らせて・・・」
(テンションがあがっている!)

せいの(これは道路封鎖どころか街全体を封鎖しないと出来ないんじゃ・・・。大変なことになるぞ~)ビビる。

羽住監督「健ちゃん(羽住監督は付き合いの長いBOSSをこう呼ぶ)ココはガッツリやってもいい?」

BOSS「やりましょう!」

「駅前5差路大封鎖。町全体オープンセット大作戦」の方針が決まった!
うおっー!やるしかない!

BOSS日々谷「絶対に成立させるぞ!」
北九州FC、全力Rock’n'Rollモードのスイッチが入った!

基本的に、道路使用、占有の許可を得る場合、道路の持ち主である市(この場合は市道なので)、
そして警察の許可が必要である。
BOSSの作戦はこうだ。
「道路での撮影は一般車両にとっては迷惑な行為だ。その苦情は警察に入る。
まして今回は完全封鎖だ。警察が慎重になるのは当然だ。
じゃあどうする?
苦情が出ないようにする。それには地元の理解と協力体制が肝要。
逆に地元から警察に対して

「一緒に映画づくりで街を盛り上げたいんで許可を出してください。よろしく!」って要請があったらどうだい?

それに加えて当然、完璧な迂回計画と告知計画を出す。警察はNOと言えない。
そこで、まず、萩原電停付近の自治会、商店街の組合などと手を組む。
大事なのは、「お願いします」ではなく、

「一緒に映画を作りましょう!お祭りやりましょう」

と巻き込むことだ。それをもって、八幡西区役所の協力を得る。
そして、警察に対しては地元の盛り上がりを前面に交渉する。」

まず、萩原電停付近の自治会、商店街へご挨拶と撮影の説明および、協力依頼ならぬ撮影参加依頼に出向くことにした。
当初は、BOSSとプロデューサーで行くことにしていたが、羽住監督も自ら志願し一緒にいくこととなった。さすが、熱い男!
「一緒にお祭りしましょう!」
羽住監督とBOSSの熱い想いとノリが、やはり地元を動かした。
地元自治会長、商店街組合理事長の署名とともに撮影に対して協力を求める趣旨の文書を携え、八幡西区役所へ。
区長を含めた直談判で区役所のOKもでた。
もちろん綿密な迂回路計画や事前告知計画などの準備も万全だ。
警察署に「No」と言われる理由を全てつぶした上で、いよいよ警察署への申請である。地元の依頼文書と八幡西区の許可を携えて、またも署長を含めた直談判である。
地元の理解とその強い要望、万全の実施計画を前に警察署も許可をおろさない理由はなかった。

BOSSはよく口癖のようにいう
「世の中出来ない事なんて何もない。面倒くさいだけだ。」
出来ない原因を丁寧につぶしていけば殆んどのことは出来る。それをやるかやらないかだ。
「No guts,No glory,Go for it!!」
(ガッツのないヤツに栄光はない。やってみろ!)
羽住監督の大好きな言葉で北九州FCの座右の銘だ。

こうして8月2日、萩原電停前の大封鎖撮影が行われた。
映画館のセットの大看板の顔はBOSSだった。
この現場を成立させたことに対する北九州FCへの羽住監督の気持ちが伝わった。
駅前5差路、8ブロックを封鎖しての大撮影!まさに「映画は祭!ロケはRock’n'Roll」

「こんな撮影が出来るのは日本中で北九州しかない。」制作スタッフがつぶやいた。

数ヵ月後、BOSSの携帯電話にあるプロデューサーから電話が入った。
「お久しぶりです。噂になってますよ。街中でものすごい撮影やったそうですね。実は今、駅伝の映画の準備をしているのですが、東京都内を走るシーンが撮れないんです。」
・・・映画『風が強く吹いている』の撮影の話が始まった。
(せいの)

2008 年 12 月 28 日

カニ最高!

カテゴリー: 未分類 — @ 10:50 PM

20081228200918.jpg旅館に行き、夕食で出たカニがかなり大きくて食べごたえ充分。最高です!(山口)みなさんも年末年始はゆっくりされてください。(山口)

有明海はきれいです

カテゴリー: 未分類 — @ 10:48 PM

20081228134348.jpg食事は外で目の前には有明海が広がります。ここでとれた海産物は最高ですよ。(山口)

カニとカキを焼きます

カテゴリー: 未分類 — @ 10:46 PM

20081228134510.jpg直売所が10数件立ち並んでおり、場所を決めて早速焼いちゃいます。カキも身がメチャクチャ大きくて美味しい〜!しかもかなりリーズナブル。みなさんもぜひ行ってみてください。(山口)

年末のお休み

カテゴリー: 未分類 — @ 10:41 PM

20081228132314.jpg昨日からお休みに入りました。フィルムコミッション業務からしばし離れ実家長崎に里帰りですが、今日は佐賀県太良町に一泊します。太良名物焼き牡蠣と竹崎カニが目当てです。道の駅に立ち寄り活きカニを拝見。メチャ美味しそう。(山口)

2008 年 12 月 27 日

「おい街」北九州FC特集第二弾

カテゴリー: 未分類 — takaya @ 3:23 PM

明日12月28日発売の『おい街』1月号では「北九州と映画人」という特集記事が掲載されます。

北九州映画の大特集です!
映画関係者インタビューをはじめ、北九州での撮影を影で支えてくれている街の方々のインタビューを通じて「映画の街・北九州」の姿をくまなくお伝えしています。
もちろんBOSS日々谷のインタビューもあります。
仲村トオルさんのインタビューでは北九州市に対する愛情あふれるお言葉をいただいております。

また、12月1日に開催した『K-20』試写会の写真もあります。
試写会に来られた方!あなたが写ってるかもしれませんよ!探してみてください!
とにかく「てんこ盛り」の内容になっていますので、ぜひ読んでください。(せいの)

2008 年 12 月 26 日

2008仕事納め

カテゴリー: 未分類 — hibitani @ 10:48 AM

【2008年の誘致・支援実績(10作品)】
映画『K-20怪人二十面相・伝』                                                        映画『KIZUKI』
映画『おっぱいバレー』
映画『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』
映画「信さん」
映画『風が強く吹いている』
ドラマ「警官の血」
ドラマ「サラリーマン金太郎」
ドラマ「黒部の太陽」
ドラマ「女サギ師リリ子」

皆様のご協力に感謝します!
来年も全力でやります!
(日々谷)

(ブログは年末年始も休まず書く予定です)

大分ロケ写真Ⅱ

カテゴリー: 未分類 — admin @ 8:45 AM

 こちらは大分駅裏での撮影風景です。

 さすがに市内の中心部なだけに周囲には高層ビルが立ち並んでいます。

 

 この駅裏のロケでは千人ものエキストラが集まったそうで、沿道の観客はかなりの長距離を埋め尽くしていたようです。

来年の北九州ロケでもこのぐらい集まると信じています。それにしてもこんな中心部での撮影を実現した大分LO幸重さんすごいです(もちろん北九州FCも)。大分市役所で一番働いている女性という噂もあります。(山口)

Newer Posts »

© Kitakyushu Film Commission.
Powered by WordPress